友達や同僚などからお金貸してと言われた場合の対処法

友達や同僚などからお金を貸してと言われた経験は今までに何度か経験したことはあるのではないでしょうか。
 そういう時は、お金が無いと言ってハッキリと断るのがひとつの方法です。
 特に多いのが、その友人とは遊んではいるものの、親友と言えるレベルの間柄でない場合はよく当てはまります。
 学生の頃によく遅んでいた友人も、就職などでバラバラになり、かつて遊んでいた友人も疎遠になるのが時の流れ。
 数年ぶりに、あまり連絡を取っていない、親友でもない友人から連絡があった場合は要注意。
 その友人は、お金に困っていて連絡したかもしれませんし、実は過去にそのような経験がありました。
 そういう電話があった場合は、断るのが基本であり消費者金融などから連帯保証人として借入し、仮にその友人が返せなかった場合は、その債務を負いますので、お金が無いフリをして断るのが賢明です。
 また、友人に限らず職場の同僚にも正に当てはまるのではないでしょうか。日本人社会では、職場の人間の方が家族よりも顔を接する時間が長いので、同僚間のお金の貸し借りは想定されるもの。
 同僚からお金を貸して欲しいと言われた場合は、相談には乗るものの解決策を提示した方が、後々人間関係がこじれないで済みますよ。
 個人的に、お金が足りなくなた時は、時々消費者金融から借入しますが、理想的な方法は副業で収入源を増やすのがベストな改善策ではないでしょうか。
 副業は、毎日のように取り組めないのが、ひとつの悩みではありますが、やればやった分だけ報酬としてリターンがありますよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です