ギャンブルで個人再生になりましたが結果的に良かったです

私は今年で40歳になる独身サラリーマンです。若い頃からギャンブル好きで、特にパチスロが好きで、ほぼ毎日パチンコ屋に通っていました。最初のころは勝ったり負けたりでトントンだったのですが、北斗の拳や吉宗といった爆裂機が全盛のころには大負けを繰り返すようになってしまいました。

しかしたまに大勝したときの楽しさが忘れられず、一日に何度もATMへ行ってでも勝負するようになりました。そして気が付いたらクレカのキャッシングにも手を出し、枠が足りなくなると新しい契約をし、どんどんと借金総額が膨らんでしまいました。そして月の返済額が20万を超え、借金総額も800万を超えるところまで膨らんでしまいました。

どうしようもなくなった私は弁護士に相談し、すぐに個人再生を勧められました。過払い金はほとんどなかったこと、年収400万ほどに対して借金総額が大きかったため個人再生のほうが良いと言われたのでした。

個人再生についてはこちらのサイトに詳しく書かれています。

個人再生24個

弁護士にお願いしてからすぐに返済はストップし、とても気が楽になりました。

給与明細や通帳などの書類を用意したり、家計簿をつけたりなど面倒なこともありましたが、なにより借金が大幅に減ったこと、そして月々の支払が大幅に減ったことで本当に生活が一変して楽になったのでした。私は結婚もしておらず、他人にばれると困るといったこともありませんでした。

返済はまだ続いていますが、あと1年もせずに完済できる見込みです。そして少しづつですが貯金もできています。以前には考えられなかったことです。クレジットカードが使えない点だけ不便ですが、デビットカードは使えますので大きな問題はありません。

本当に弁護士に相談して良かったと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です